安心して利用できるバストアップ術を試そう|女性らしさも格段にUP

自己脂肪注入がおすすめ

先生

他の施術法との比較

美容クリニックでバストアップ施術を受ける場合、おもに三通りの方法があります。その中で一番簡単にできダウンタイムもないのはヒアルロン酸を注入するという方法です。現在ではヒアルロン酸と一口にいってもさまざまなグレードの製剤があり、高品質のヒアルロン酸を選んで注入してもらうことがこのバストアップ法のひとつのポイントとなります。ただし、ヒアルロン酸はやがて自然に体内に吸収されてしまうという性質を持っています。したがってヒアルロン酸注入によるバストアップ効果は永続的なものではありません。そこでヒアルロン酸注入ほど簡便ではなくても、効果の持続するバストアップ手術希望する女性も多く存在するのです。ヒアルロン酸注入以外のバストアップ施術には、バッグ挿入手術と自己脂肪注入法とがあります。バッグ挿入手術は歴史の古い手術法で、現在では挿入するバッグの種類も材質も多様化しており安全性の面でも以前よりずっと改善されています。とはいえバッグ挿入手術にはダウンタイムがあり、手術した直後からしばらくの間は痛みが出るのが普通です。またマンモグラフィーによる乳がん検診はバッグがあるとできないため、バッグ挿入手術に変わって自己脂肪注入法を選ぶ人も増えてきています。

ダウンタイムも短い

自己脂肪注入法によるバストアップ施術では、まず脂肪吸引手術を行います。これによって体についている余分な脂肪を取り除き、その部分をすっきりと引きしめることができます。そして自己脂肪注入法をするのに十分な量の脂肪を採取し、乳房に注入していきます。バッグを挿入する場合と違って、この方法だと病院での検診の妨げになることもありません。自分の脂肪であっても時に小さなしこりが残る例もありますが、そのしこりは取り除くことが可能です。これをヒアルロン酸注入の場合と比べてみると、ヒアルロン酸は自然に存在する成分であるといっても自分の体から採取した脂肪細胞ほど安心して使えるわけではありません。ヒアルロン酸であっても製剤や患者の体質によってはアレルギー反応が出るケースもあるからです。こうした場合でもヒアルロン酸分解酵素を注入すれば対処できることがほとんどですが、製剤に混ぜられていた他の物質が原因となってアレルギーが起こっている場合は手術して取り出す必要が出てきます。自分自身の脂肪の一部を用いる自己脂肪注入法によるバストアップならこうした心配はいりません。また、バッグを挿入する場合と比べてダウンタイムがはるかに短いこともこのバストアップ法のメリットのひとつです。