安心して利用できるバストアップ術を試そう|女性らしさも格段にUP

自信が持てる美しい胸に

ブレスト

美しい胸になる方法

バストアップの治療方法といえば豊胸手術が浮かびますが、今ではそれだけではありません。どのような治療方法があるのか、またそれらを比較して美しい胸になれる方法を検討してみましょう。豊胸手術にも、ヒアルロン酸注入、脂肪注入、シリコンパック、と3つの方法があります。ヒアルロン酸注入は、身体への負担が一番軽く、注入する量を調節してもらうことができます。ダウンタイムも少ないので手軽なバストアップといえますが、ヒアルロン酸は自然に体内に吸収されていきます。脂肪注入豊胸手術の脂肪は、自分の脂肪細胞を使うので安心ですが、体に脂肪が余っていないとたくさん移植できません。バストアップは2カップほどしかボリュームアップが図れませんが、授乳中に大きくなったバストが後にしぼんでしまったような場合には、ハリを戻すことができます。術後はマンモグラフィーやレントゲン、乳がん検診も受診可能です。見た目もほぼわからなくなり、感触や形に違和感がありません。ボリュームのあるバストアップを考えているなら、シリコンパック豊胸です。ヒアルロン酸と比較しても、後々減ってくる心配もなく安定したバストアップが図れる治療法です。しかし術後の痛みや他の2つの治療法と比較するとパックを入れている不自然さが見られます。

切らないで豊胸できる

豊胸手術以外のバストアップ治療方法も最近注目されています。まず東洋医学で用いられる鍼治療があります。栄養を正常にバストに送ることでバストアップを図るもので、身体が弱い人には向いています。また垂れてきたバストの筋肉を鍼で刺激してアップさせる効果もあります。もう一つ注目されているバストアップ治療方法は光豊胸で、IPLとIBEという光を照射するものです。フォトフェイシャルや脱毛に用いられる波長の長い光を照射すると、光がバストの奥深くまで浸透して細胞を温め、血流やリンパの流れを良くして新陳代謝を促し、細胞の成長を促進します。その結果、バストの脂肪細胞の栄養吸収率が上がって膨張し、バストが大きくなるのです。またバストのハリを支えるクーパー靭帯に光を照射すると、コラーゲンが生成され、靭帯を強化してバストアップにつながり、女性ホルモンの分泌も活性化されて乳腺が発達し、よりふくよかなバストになります。手術もなく傷跡も残らないうえ、手術に比較して安価で安全ですが、効果には個人差があります。1回の照射で1cmアップする人もいますが、継続して施術する必要があります。バストアップの治療方法を比較して、自分の体型に一番適した方法を見極めて施術に踏み切ることが大切です。